緑内障を自宅で治す方法とは

自宅で出来る5tのアプローチ

 

緑内障5アプローチ自宅で出来る! 

 

緑内障改善プログラム今までの緑内障の常識は間違いだらけだった…
『眼圧が下がらない…』『点眼薬だけでも不安だ…』

 

『失明はイヤだ。でも手術はコワイ…』と緑内障でお悩みではありませんか?
実は、特別な薬や手術に頼ることなく、自宅で緑内障を改善する方法があります。

 

このサイトと出会ったあなたは、
緑内障の悩みに対する今までの考え方が変わることでしょう。

 

 

なぜなら…
緑内障に対する常識の多くが誤ったものだと気づくからです。

 

 

 

突然ですが…あなたは、
「緑内障は治らない」と、決め付けてしまってはいませんか?

 

確かに、緑内障は完治できない病といわれます。

 

でも、本当にそうなのでしょうか。
緑内障の改善ですから、「目」に着目することはもちろんですが、

 

実は…
緑内障の原因は「目」そのもの以外のところにあります。

 

緑内障の進行を食い止め、改善に向かわせるには
その「目以外の緑内障の原因」を取り除くことが重要なのです。

 

 

もしもあなたが、
「緑内障の不安から解放されたい」「手術をしないで緑内障を改善したい」と
思っているのであれば、5分だけこの手紙を読み進めてみてください。

 

ところで今、あなたはこんな症状で悩んでいませんか?

 

 

ここ数年、視力が急激に落ちた

 

集中力が続かない

 

腰に痛みを感じる

 

下痢、もしくは便秘がちだ

 

手足の関節が痛む

 

肩がこりやすい

 

目がかすむ

 

頭痛がおこる

 

手足の関節が痛む

 

身の倦怠感がある

 

 

緑内障5アプローチ自宅で出来る! 緑内障改善プログラム 悩み
など。一見、緑内障とは無関係に思えるこれらの症状。

 

 

でも、これらの項目に該当する人は、

 

「目の機能不全以外の原因」

 

によって、緑内障症状が起こり、進行している可能性が高いと考えられます。

 

詳しくは下記の公式ページをご覧ください。

 



目の機能不全以外の原因とは

 

目の機能不全以外の原因」とは、何なのでしょうか?

 

 

どうすればその原因を取り除き
緑内障を改善させることができるのでしょうか…?
緑内障の改善をあきらめていませんか?

 

 

原因について視力向上委員会の前田さんに詳しく説明していただきましょう。

 

 

はじめまして、視力向上委員会の前田といいます。
緑内障改善アドバイザーとして多くの緑内障でお悩みの方の
相談にのっています。

 

私が、なぜこのようなホームページを立ち上げたのか?

 

 

それには、理由があります…

 

 

「緑内障で困っている方がとても多いから」

 

 

そして、緑内障に悩む患者さんの多くは
「緑内障の改善をあきらめて」しまっているからです。

 

 

緑内障は治らない病気といわれ、
眼科での処方は点眼薬のみの対処療法が中心です。

 

 

こんな病気をこのまま放置しておいていいのでしょうか。

 

 

緑内障は確かに、初期症状での自覚症状がほとんど無く、
また、一旦発症してしまってからでは根治するのが困難な、本当に厄介な病気です。

 

 

私が今回、このプログラムを公開したきっかけは、
今までの西洋医学からのアプローチだけでは、緑内障治療に対する限界を感じたからです。

 

 

残念ながら、今の眼科のノウハウでは、
点眼薬で症状を抑えるか、
手術で眼圧を無理やりに正常値に持っていくか
これぐらいしか対処法がありません。

 

 

当然、これらは根本的な治療といえるものではありません。
一生点眼薬を手放せないような生活がまっとうな生活だとは、
私には到底思えません。

 

そこで今回、「ホリスティック」という、
いわば「身体全体のバランスを整える」という観点から
緑内障改善のための独自のプログラムを開発しました。

 

でも……

 

緑内障は、点眼薬で眼圧を下げるか
手術以外では改善できないって聞いたけれど……

 

そう思われる方もいると思います。
でも、それはこれまでの話。

 

理に適った緑内障へのアプローチを
行うことで、

 

一生点眼薬を使い続けなくてもよくなります。
リスク覚悟で費用の高い手術も必要ありません。
緑内障を改善することは可能なのです。

 

 

 

点眼薬や手術では緑内障は改善できない!?
「なぜ、点眼薬や手術では緑内障は根治できないのか?」
ということもこれからお話しておきます。

 

実は、今までの治療法には、
なかなか改善しない理由があります。その理由とは…

 

点眼薬 レーザー手術 手術
緑内障の一般的な治療としては、
点眼薬で眼圧をさげる方法をとります。

 

しかし、点眼薬に即効性はありません。
ですから、症状が安定しても止めてしまうのではなく、使い続ける必要があります。

 

さらに、その成分によっては眼精疲労やドライアイなどの症状を引き起こしてしまうこともあります。
(はい 管理人はまさしくドライアイになってしまいました。そしてドライアイの目薬も毎日使っています。)

 

目薬といえども立派な薬。副作用の危険性が伴うのは当然のことです。

 

「点眼薬だけでは、緑内障は根治できません」
しかも、緑内障の中には「眼圧は高くない」緑内障もあります。
薬物治療で症状の改善が見られない場合は、レーザー治療で改善を図ります。

 

目に対してレーザーを照射するのですから、当然リスクは伴います。

 

レーザー治療を行うことで角膜内皮細胞が減少したり、たとえ成功しても、
緑内障が再発するケースも数多く報告されています。

 

しかも、術後でも定期的に緑内障の検査を受ける必要性もあります。
緑内障の場合、手術を受けても視界が回復するまでには至りません。
あくまで、緑内障の進行を食い止めるための手術になります。
現在のところ、一度失った視界は外科手術では回復することはありません。

 

そして、手術ですから、術中および術後の合併症や視力の低下、
白内障の進行、感染症や網膜はく離など、レーザー治療同様にリスクは伴います。

 

また、緑内障手術の効果は永久的に保証されるものではありません。
もちろん、生涯にわたって安定させる目的で手術を施すのですが、
時期がくると効果が切れて眼圧が上がってしまうこともあります。

 

 

眼圧だけじゃない、緑内障の意外な原因とは?
緑内障は、

 

「眼圧が高くなることで視神経が異常をきたす病気」

 

というのが定説です。

 

でも実は……

 

「緑内障の原因は、眼圧の問題だけではない」

 

のです。

 

当然、眼圧が原因ではない緑内障に対しても、
眼圧を下げる処置をいくら行っても、意味はありません。

 

では、「眼圧以外の原因」は何でしょうか?

 

それは

 

「血流」と「自律神経」なのです。

 

詳しくは下記の公式ページをご覧ください 

 



緑内障を改善させるたにに必要なことは

 

なぜ?「血流」と「自律神経」の改善なのか…

 

 

では、緑内障を改善させるたにに必要なことは何なのか?

 

 

 

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る! 緑内障改善プログラム」では

 

眼圧の低下及び、眼圧以外の緑内障の2大原因

 

「滞った血流」と「自律神経の乱れ」の改善にもアプローチを図ります。

 

一見、緑内障とは関係がないように思われる
これらの症状ですが、

 

実は最先端の研究からも、
緑内障との密接な関わりがあることが分かってきました。

 

 

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る! 緑内障改善プログラム」では
この最新医学と、私が独自に研究開発した改善方法で、

 

これまで根治が不可能といわれてきた
緑内障の改善に挑みます。

 

緑内障は、決して改善できない病気ではないのです。

 

 



眼圧が高いとどうして緑内障に

 

眼圧は目薬でしか下がらない?
そもそも、眼圧が高いとどうして緑内障になるのでしょう。

 

 

普段、眼球に出入りする水(房水)の出る量と入る量は一定ですが
何らかの原因で出にくくなると、その房水が中に溜まってしまうので
眼圧があがってしまいます。

 

ちょうど水を入れ過ぎた水風船のような状態。
パンパンに張って硬い状態をイメージをしてください。

 

 

このような硬いままで放置しておくと、視神経が圧迫され
ダメージを受けて視野が欠けてしまうのです。

 

 

これまでの眼科治療では、点眼薬でこの眼圧を下げていました。

 

……というか、点眼薬しか、治療の手だてがないと思われていたのです。

 

 

これまでの眼科治療では
眼圧と血圧、自律神経は関係のないものと思われてきました。

 

しかし、実際はそうではありません。

 

実は……

 

眼圧を下げる目的で用いられる点眼薬「チモプトール」は
βー遮断薬という系統のお薬。

 

これは、内服薬としては、自律神経に作用して、
血圧を下げるお薬として使われています。

 

また、眼圧を下げる「ミケラン」や「ハイパジール」という点眼薬も
同じ成分のものが、血圧を下げる内服薬としても使われているのです。

 

要するに……

 

血流の改善、自律神経の改善は
眼圧を下げるとともに、眼圧以外の原因にも有効な
緑内障改善のための最先端のアプローチなのです。

 

血流から改善する、最先端の緑内障アプローチ
人間の身体の隅々まで駆け巡る血液は、
腸から吸収した栄養分や、肺から取り入れた酸素を
あらゆる臓器や細胞に運んでくれます。

 

もちろん、目も例外ではありません。

 

むしろ末梢血管が集まる目にとって、
血と血流は非常に重要な存在です。

 

目のトラブルを考えるとき、
「目は目」「身体は身体」と分けて考えるのは間違いです。
目も身体の一部なのですから、全てトータルで考える必要があります。

 

 



自律神経の乱れが

 

血管は、体のあらゆるところに張りめぐらされています。
心臓を中心に、すべてつながっていると考えれば、
目とその他の器官や細胞を切り離して考えることが、
いかにナンセンスかが分かるはず。

 

 

目のトラブルは、身体の不調につながり、
身体の不調もまた、目のトラブルの原因となるのです。

 

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る! 緑内障改善プログラム」では、
滞った血流を正常に戻すことで、緑内障改善のアプローチを行います。

 

自律神経系を整え、精神面からもアプローチ
あまり知られていませんが、自律神経の乱れも緑内障の大きな誘因になります。

 

自律神経とは、無意識の内に自然に体の各機能を調整してくれる神経のこと。

 

たとえば……

 

汗をかく。
ホルモンの分泌を調整する。
心臓を動かしたりする。

 

これらの行為が意識せずに行えるのは、自律神経が働いているから。

 

 

これらが相互にバランス良く働いているからこそ、
私たちは、日常生活の中でとくに意識することもなく、
動いたり休んだりをうまくコントロールしているのです。

 

ところが…・・・

 

近頃、自律神経のバランスを乱したことが原因で、
身体や精神に異常や、疾患を伴う人が急増しています。
自律神経失調症と呼ばれる症状がそれです。

 

この自律神経の乱れが緑内障の症状にも
大きく影響していることが分かってきました。

 

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る! 緑内障改善プログラム」では、
自律神経の乱れを正常に戻し、身体と精神のバランスを整えることで
緑内障改善のアプローチを行います。

 

 



 

視力回復





緑内障を自宅で治す方法とは関連ページ

緑内障改善プログラムとは
緑内障は眼科では治せません。 眼科では点眼薬で症状の進行を遅らせて見守ることしかできません。しかし自宅で簡単にお金もかけずに治す方法があるのです。
緑内障患者に共通する3大症状。
緑内障は眼科では治せません。 眼科では点眼薬で症状の進行を遅らせて見守ることしかできません。しかし自宅で簡単にお金もかけずに治す方法があるのです。